2016年08月11日

4連鎖ダブルと2ダブ3ダブの両立 その4

 引き続き4連鎖ダブルと2ダブ3ダブの両立が実戦で可能だと思った形を紹介する。

形5
 序盤に左下画像に近い形になった時、基本は緑以外の色からの4連鎖ダブルを連鎖完成形のイメージとして組む。なお組む際は、可能な限り右下画像の鉄ぷよ部分のいずれか1つを空けて組むことを心掛ける。
 

 紫が偏った時は左下画像のような紫発火4連鎖ダブルを狙う。その際に発火色以外のツモを有効利用し、緑の右側から2ダブ3ダブも併せて狙う。
 

 黄色が偏った時は左下画像のような黄色発火4連鎖ダブルを狙う。その際に発火色以外のツモを有効利用し、緑の左側から2ダブ3ダブも併せて狙う。
 

(記事の主旨からは外れるが、)紫と黄色が同じくらい偏った時は、左下画像の様に2ダブ3ダブを狙わず、紫発火4連鎖ダブル(中央下画像)、黄色発火4連鎖ダブル(右下画像)の両立を狙っても良い。
  

一応4色発火も見れるがこうなった時点でタワー相手にはほぼほぼ負けなので、参考例だけ挙げる。



 赤が偏った場合は左下画像のような赤色発火4連鎖ダブルを狙う。基本はこの連鎖のみを見ていれば十分だと考えている。同時に緑発火の2ダブ3ダブも一応狙うことはでき、その場合は右下画像のような形となる。
 

 理論上赤発火の4連鎖ダブルと緑発火の2ダブ3ダブの両立は可能だが、両立を狙った場合、すぐ思いつくだけでも何点かの弊害が挙げられる。

 2段目の赤は1、6列目まで敷いている余裕がないため、1、6列目上部で黄色と紫の連結を稼げない。下画像が赤が2段目にないため連結が増やせない例。


 逆に2段目の赤を敷いて紫を黄色の連結付け足しを重視すると、最速の4連鎖ダブルを逃しやすい。左下画像が赤を敷いたため最速発火できなかった例、右下画像が最速発火に成功した例。
  
 
 3列目発火を想定した4連鎖ダブル(左下画像)と2ダブ3ダブ(右下画像)の両立はほぼ理論値が必要であり、当然ツモ制約が厳しい。
  
 
 左下画像の様に2ダブ3ダブを完成させても、右下画像の様に4連鎖ダブルが3ダブ4連鎖に暴発していることが多い。
  

 今挙げたケース以外でもうまくいかないパターンが存在するため、赤発火4連鎖ダブルと緑発火2ダブ3ダブの両立は非常に難しい。そのため赤が偏った場合は基本4連鎖ダブル一本に絞り、無理なく2ダブ3ダブが組める時のみ狙うという程度で良い。
posted by 電気イルカ at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。