2016年08月10日

4連鎖ダブルと2ダブ3ダブの両立 その3

 引き続き4連鎖ダブルと2ダブ3ダブの両立が実戦で可能だと思った形を紹介する。

形4
 序盤に左下画像に近い形になった時、緑が大量に偏った時の連鎖完成形のイメージの一つとして右下画像の緑発火4連鎖ダブルを目指す。
 

 この際も発火に関係ない黄色と赤を使い、左下画像の様に赤発火2ダブ3ダブを狙う。また、2ダブ3ダブが完成しても右下画像の様にいつでも緑から4連鎖ダブルを打つことができる。
 



形4の亜種(形4-2)
 左下画像は形4の土台が少し変形されたものである。形4-2は紫の位置関係上紫と黄色の連結がしやすくなっており、2ダブ3ダブの致死量が稼ぎやすくなっている(形3と形3-2の関係と似ていえる)。右下画像が赤発火2ダブ3ダブの発火例。
 

形5は記載する量が多いため、記事をここで一旦区切る。


形の紹介の続き→(4連鎖ダブルと2ダブ3ダブの両立 その4)
posted by 電気イルカ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。