2023年05月03日

目次

0. はじめに

1. 概要
 1.1 究極連鎖法の定義 
 1.2 連鎖作成の方針

2. 序盤 1手目〜3手目まで
 2.1 1手目
 2.2 2手目(1) (2)
 2.3 3手目(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
posted by 電気イルカ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

Bぷよに関して、雑記

ちょっと長いです

 一般公開前から含めて7年くらい?Bぷよをプレイしてきて思ったことは、やっぱタワーがめちゃくちゃ強いなぁ、連鎖主体だと分が悪いなぁ、ということです。そう思った理由が、最初期は
・タワーという戦法がBぷよ環境に合っている
これが大きいと思っていたのですが、最近は
・連鎖(中央始動)が、考えることが多すぎて体力が持たない
こっちも大きいな、と思うようになりました。

 自分は元々VCAからBぷよに参入した組なのですが、VCAでは連鎖1本でそこそこタワー勢と戦えていました。ただVCA環境でも最強はタワーだと思っていて、でもタワーも(Bぷよ環境ほど)圧倒的ではなくて、じゃあ連鎖でタワーとどこまでやれるか、と思っていた記憶があります。
 その後Bぷよを始めた時も上と同じ気持ちで連鎖でどれぐらいできるかなという気持ちでプレイし始めました。それからは主に雨宮さん、後に加えてTAKさんにも速度で圧倒される日々が続いて、あれこれタワー強すぎじゃね?と思うようになりました。Bぷよでは連鎖中もツモを引きまくれる、横移動ロスが少ない、VCAのもっさり感がない、とタワーに有利な要素が多々あって、タワー追い風連鎖向かい風と感じました。一応それでも連鎖でどれくらいいけるかとは思いましたが、Bぷよ環境で連鎖だけでタワー使いに挑むと、100本とられるまでに80本取れれば上々、60本台も普通にある、というくらいに収まります、つらい。

 そう思いながら第1回S級に挑んで何故か優勝はしたものの
・雨宮さん、TAKさんが本調子ではなかったこと、連鎖移行や乱戦が不得手気味だったこと
 →本調子のタワー使い、連鎖も使えるタワー使い、乱戦が強いタワー使いはきつい
・うえんにさん、のしさんが発展途上だったこと
 →純粋に総合力で上回られるときつい
というのもあって、連鎖だけだとこの後勝ち続けるのはきついなとはずっと思っていました。実際その後、うえんにさん、のしさんがめっちゃ強くなってきつかったですし、S級に増えるのはタワー勢ばかりで実際きつかったです。その対策で、S級の回を重ねるたびに、タワーが自然に狙えるツモはタワーに変えたり、(主にのしさんの積みを参考に、)連鎖の見直しや短縮を目指したり、と積みを色々変えていきました。第1回と比べたら第5回の方が連鎖技術や短縮(だけではなくタワー)もうまくなってると思います。

 ただ連鎖(というか中央始動)の性質上、選択肢をとって複数のルートを見ることが多く、思考や判断が求められるシーンがタワーより多いです。このあたりタワーは一定の思考で済む分、タワーは戦法として優秀だなと思います。試合本数が増えると、思考や判断で体力が削られて、結果パフォーマンスが発揮できない試合が増え、ミスも増えます、連鎖はこれが顕著だと思います。(選択肢を取れることが、かならずしもメリットだけではないということに最近やっとようやく気付きました。)
 自分も結構年をとってしまたので、思考、判断力、体力は年々落ちる一方です。多分これからもっとパフォーマンスは落ちると思います、悲しい。現状での対策はひたすら練習してテンプレに落とし込む、とかなのでしょうが、限度があるでしょうし、モチベ体力時間の問題もあります。勝つだけならタワーに鞍替えするのが一番効率がいい気がしますが、それこそモチベがなくなる気がするので、ここまで連鎖で来た以上、まあこのままゆるゆる連鎖主体で行くとは思います。

 後、他に連鎖が抱えている弱点がいくつかあります。
・初手ゾロの一番安定する置き方すら定まっていない
初手ゾロはたぶんタワーに行った方が安定すると思います。第1、2回は34横、第3、4回は(ほぼ)23横、第5回は12横、と工夫というより四苦八苦してます。第3回あたりですでにタワー組んだ方が安定するなとは思ってましたが、第5回になってもやっぱりその気持ちは変わらなかったです。のしさんのように初手ゾロはタワーで初手2色は連鎖とするのが、連鎖主体しつつもタワーにも一方的にやられない、一番戦えるバランスなんだろうって感じます。まあ自分は初手ゾロをもう少し連鎖で頑張れないか検討してみます。というか連鎖を目指すなら初手ゾロは千早式の1縦の方がわかりやすい分中央始動より強いかもしれないと思いなおしています(まさかの千早式復権?)。

・連鎖に必ず必要な色が来ないとつらい
特定の色が3個以下で止まった時、タワーはその色を使わないで発火する手はあるが、連鎖は大体どうしようもないです。壊し方とかごまかし方を何とかする必要があります。

・発火色が被ったら大体不利
手数が増えれば増えるほど必敗に近づくので、その時は連鎖側から単発なり破壊なりしないといけないです。ただそれは相手の発火色を把握している必要があったり、発火点をつぶすのに単発で十分か、2段必要かも凝視しなければならないので、地味に疲れます、つらい。(ここでも体力面の問題が出てくる)

 こうしてみると連鎖ってあんまり強くない、悲しい。



以下小ネタ等

 最近の操作技術やばいですね。カルメル式浮かしやキャンセルがここまで普及するとは思ってませんでした。自分も試しましたがまったく使い物にならなかったので自分はそこまで操作面を突き詰めるつもりはないです。

 多分ネクスト判断のロスが零ならタワーと連鎖は対等に戦えると思いますけど、人間の反射神経の限界があるので現実的には無理だと思いました。(Setpadという強い連鎖AIが一時ランダムマッチに出現していたのですが、人間はあれにはなれないな、とようやくあきらめがつきました、主に人間のスペックのおかげで)。

 S級の閉会式やうえんにさんのブログで、タワーというだけで連鎖に無条件で取れる試合がある、いわゆるタワー事故について触れられていましたが、そもそも連鎖終了の期待値がタワーの方が高いから、抜かれるのはまああること、というあきらめの様な認識がありますね、悲しいかな慣れているという感じです。この話を突き詰めるとなんで連鎖使ってるの?という方向に話が進みそうなのでこの話はここまで。

 旧記事の画像リンクが死んだ&初手周りが大分変ったので、モチベと体力があったら初手周りの記事はいつかまとめるかもしれません。(ここでも体力・・・)


 AGESは自分もそのうち参戦すると思うのでBぷよプレイの頻度は下がるかと思います。AGESで当たったらよろしくお願いします。
posted by 電気イルカ at 22:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

第5回BぷよS級 振り返り

この記事を清書している間にSEGA AGE ぷよぷよ の配信が決まってしかもすでに配信が始まってしまった。色々を機を逸した感があるが、それはさておき第5回BぷよS級を振り返る。この記事を見ている人はたぶん知っていると思うが、うえんにさんの記事CYMKさんの記事もあるのでそちらも併せて読みたい。のしさんとテルルさんのは今のところなさそう。


VS テルルさん 100-96
タワーメインで連鎖移行もうまい人。
前半はタワーと連鎖をただ撃ち合ったらこうなるよね、というくらいほぼ無抵抗にやられていた。ただ若干ツモやおじゃま運悪いかもとは思っていたので、後半流れが来るまではとりあえず耐えようと思った。後半になって、単発を少し増やして出来る限り回収できるように意識した(気がする)。その後相手の不完全致死を回収で咎める流れが来て、相手が崩れ始めたのを見て、コンスタントに相手に致死を送ることを心掛けた。それがハマったのか終盤ギリギリで躱せて勝利することができた。後半〜終盤はツモやおじゃま運がいい方だったが、序盤悪かったの気がするのでトントン。序盤かなり差をつけられたが割とメンタルは崩れていなかった。
やはりBぷよはメンタルゲーでもある。


VS のしさん 100-90
連鎖がめっちゃうまくてタワーもこなせる人。
前半はかなり競っていたが前半終わり際におじゃま運に恵まれたのもあり差をつけることができた。後半も本数推移はほぼ5分で、結果前半終わり際につけることができた差でそのまま逃げ切ることができた。第2回〜第4回では同型で速度負けすることが多かったので、今回は速度負けの頻度を減らすために同型っぽくなったら連鎖タワーに関わらず若干決め打ち気味になっても速度を優先するように積むことを心掛けた。あまり同型になることはなかった気がするのでこれは直接の勝因という気はしないが、心の持ち方としては良かった気がする。たとえ効率負け短縮負けしたとしても、とったリスクによる負けだと自分の中で納得できたので。一番メンタルが安定していた試合だった気がする。
やはりBぷよはメンタルゲー。


VS CYMKさん 83-100
タワーの研究家、たぶん現状タワー使いでは最強(だと思っている)。第4回〜第5回の間で一番伸びた人ですごく強くなってる。
前半途中で本数先行されてじりじり離されてそのまま負け、と本数以上に完敗した気がした。自分は第4回〜第5回の間でタワーを強化して、同型タワーからも逃げないようにしたけれど、その要因がCYMKさんのブログの理論からきているので、本家にはそりゃあ勝てないよねって。対CYMKさんの時だけは同型からは逃げてもよかったかもしれない。あとつぶしと単発の判断があまり良くなかった気がする。対タワーだと相手にある程度崩れてもらわないといけないのに、効果のないつぶしと単発をしてはは相手に勝ち星を献上しているようなもの。これはとこぷよだけしていた弊害で、野良試合をもっとしておいたほうが良かったかな〜と反省。それと相手からのお邪魔量が致死を意識されて送られてきて、回収で咎めることがほとんどできなかったのがきつかった。
いや〜完敗完敗。


VS うえんにさん 74-100
ずらしタワーメインで連鎖もこなせて立ち回り含めて総合的に1番強い人。
前半途中までは競っていたが、前半終わり際に自分から崩れて、後半崩れたまま立て直せずそのまま終了。途中から連鎖効率がガバガバになっていて、もう勝負以前の問題だった。体力的にもつ試合ともたない試合があって、今回は持たない方で、4試合の中で一番下手糞な自分がでてきた。つぶし対応も下手糞で、野良試合をほとんどしなかった弊害がここでも出た。相手の戦法が体力的に効率がいい戦法で、大崩れしにくいというのもあるけど、実際に大崩れせずに勝ち切ったのはお見事。
Bぷよは体力ゲー。


まとめ 2勝2敗 得失点-29 3位
テルルさんがのしさんを討伐してくれたおかげで、棚ぼた的に3位に入れた。不本意な試合もあったけど、テルルさんにリベンジできたし久しぶりにのしさんにも勝てたし、総合するとまあよかった。ただ得失点差が5人の中で最下位なのがひどい。特にうえんにさん戦で勝ち星を大量献上して優勝争いをちょっとわかりやすくさせてしまったのが申し訳なかったかなと。
他には
・対人戦をおろそかにすると、単発、つぶし、つぶし対応、堀合、が下手糞になるのでそこそこやりましょう
・初手周りを変えたなら、その置き方に慣れるまで積み込みしましょう
・タワーは簡単なようで奥が深いのでもっと練習しましょう
といったことを反省して、今後の課題として練習していきたい。


SEGA AGES も出てきてそちらがしばらく盛り上がりそうなので、Bぷよとしては少し静かになりそう。区切り的に丁度いい気がするので別記事でBぷよについてこれまで自分が感じたことなどを雑感としてまとめる予定、戦法の体力的な面に関してもそちらで。
posted by 電気イルカ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする